医療業種に進出するシステムエンジニア

プログラマーからシステムエンジニアへのステップアップを果たした先には、さらにプロジェクトマネージャーとしての道があります。しかし、そのまま同じ業種でキャリアを重ねるほかにも、他の分野へと進出するという道もあります。新たな体験ができる職場に挑戦することが、技術者として成長するコツです。

進むべき方面の一つとして、医療関連にシステムエンジニアの活躍できる分野があります。医療業界では、医療過誤の問題解決や業務の効率化を図るため、情報システムの導入に積極的です。外部の専門的な情報システム開発会社に全てを任せるばかりでなく、企業内に情報技術の確かな能力を持った人材を抱えておくことも必要です。

情報処理関連の仕事で実力を磨いてきたシステムエンジニアは、医療業界の各種組織の中で実力を発揮して働くことができる選択肢があります。病院などの医療機関や研究施設、その他医療関連の企業で、情報システム関連のエンジニアの実力を活かした仕事が可能です。ただし、これまでの情報技術業種でのエンジニアの知識だけでは、対処できない事柄も出てきます。医療現場で用いられる専門知識や、さらには医療関連の資格を取得しておけば、医療分野での情報エンジニアとして活躍の場が広がります。

このように、情報技術の分野でさらなるキャリアアップを目指すほかに、医療現場を始めとする他の業種に自身の適正に合った職場が見つかる可能性が高いです。

人によって様々な見方があると思いますが、世間からどのように見られているのか気になる方は【世間はこう見る!システムエンジニアの業種とは?】をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です